うつ病の薬:どう付き合う?どう止める?

うつ病を薬で治すのなら….

抗うつ剤

神経回路効薬うつ病あるいは「うつ」状態の症状に対する医学的な療法として、現在もっとも一般的なのは、抗うつ剤を服用することです。
精神科、神経科、心療内科などの専門医にかかって「うつ病」と診断されると95%のケースで、薬を処方されます。いわゆる、抗うつ剤です。症状の訴え方によっては、これに加えて、抗不安剤や向精神薬なども処方されることもあります。
しかし、うつ病は、処方してもらった薬を飲んで2.3日寝ていさえすれば治るといった単純な病気ではありません。そこには特有の付き合い方があります。

悩み:薬には相性がある

pills抗うつ剤を始めとするうつ病の薬には、それぞれの症状や、体質との相性があります。ある抗うつ剤はある人には効くけれども別の人には効かなかったりします。
また、特定の抗うつ剤に対して副作用が出る人もいますし、何も問題がない人もいます。
うつ病の薬との相性は、一般的には試行錯誤で判明します。試してダメだった他のタイプの抗うつ剤を試すという方法です。
最近は、副作用を引き起こすケースがより少なく、より高い確率で効き目があらわれる抗うつ剤が開発され一般化しているので、試してダメだっただから別のにを…という確率は低くなってきています。それでも、なお副作用に苦しむケースや効果がないケースがまだまだあるのが事実です。
副作用が激しいようだったら、医者に相談して、すぐに別のタイプのうつ病には薬に変更すべきでしょう。また、服用を始めてから一定期間(1~2週間)経っても効果が無いようだったら、効果のあるものに変えてもらうべきでしょう。抗うつ剤を飲むとなったら、まずは自分の体質や症状との相性をチェックしなければなりません。

悩み:すぐに薬の効き目が感じられない

2pillsまた、うつ病の代表的な薬としての抗うつ剤のもう一つの難点は、すぐに効き目が出てこない。なかなか即効性が感じられない、という点があります。
抗うつ剤の成分が体内に蓄積されて、脳内の神経伝達物質の分泌回路にまで効果が及んでくるには時間がかかるのです。最終的にうつ病の症状に薬の成分が効果を及ぼすまでに2-3週間かかる場合もあります。つらくてもあきらめないで、忍耐強く待つ必要があります。

飲む?飲まない?

cannot_stand自分の体質に合う抗うつ剤が見つかったとしても、飲むべきか?飲まない方がいいのか?と、悩み続ける人がいます。医者にかかり、抗うつ剤を処方されて、言われた通りに飲み続けながらも、「うつ」状態での思考回路では、頭の片隅で、こんな疑念を持ち続けがちです。
・飲み続けると、麻薬のように薬物へ依存する体質になってしまうのではないか?
・うつ病だからと言って薬に頼るのは、精神的な弱さであって、強く生きるためには、頼ってはいけないのではないか?
・薬をやめたとたんに、うつ病の症状が元に戻ってしまうのではないか?
・薬で取り繕っているだけであって、本当の自分は健康な状態ではないのかも知れない。

飲むのならポジティブに

抗うつ剤の効果的な摂り方としては、こういった疑念や不安をうつ病の薬に対して持つことは良くありません。抗うつ剤は脳内の神経細胞間の伝達物質の働きに化学的に変化を及ぼす薬ですが、結果的に人間の精神状態を健全なものに変えようとする薬ですから、それを受け入れようとする人の精神状態が、うつ病の薬をポジテイブなものとして受け入れてくれなければ、その効果は減衰してしまいます。
抗うつ剤を飲むことに抵抗があり、飲まないで治すと固く心に決めているのでしたら、それに徹したらよろしい。それには勇気と決断が必要です。抗うつ剤を使わなくても、それ以外の方法でも「うつ」状態から脱出する方法はいくらでもあるのです。しかしながら、「うつ」状態に陥ると、勇気とか決意とか努力しようという気持ちが湧いてこないのも事実です。そんな時にすがるようにして薬に頼るのは、恥ずべきものでも、後ろめたいものでもありません。頼れるものには頼ればいいのです。

効果に感謝すること

抗うつ剤に頼るしかない、頼れるものには何にでも頼ろうという気持ちが固いのであれば、あとは簡単です。多くのうつ病患者の症状を改善してきているのは事実ですから、薬の効能を100%信じ、症状が軽くなることを期待しながら、飲みましょう。そして症状が少しでも軽くなったように感じられたら、その効能に感謝しましょう。
curtain実際のところ、薬を飲み始めて数日で「うつ」状態の症状が軽減してしまう場合もあります。薬学的には、2-3週間飲み続けないと、その成分が脳内に蓄積して効果を発揮し始めることはないはずなのに、それよりずっと早く治ってしまうのは、プラッシーボ効果(ニセの薬でも心理的に騙されて効果を発揮する現象)かもしれませんが、目的は、症状を軽くすることですから、効果があったことに変わりはありません。抗うつ剤に限らず、薬を飲む際は、その効果を事前に確認し,確信し、症状が軽くなることに、予め感謝しておくことは、理にかなっているのです。

脳神経生理学的根拠を学ぶ

red_tube抗うつ剤の成分が、脳の中で、ドーパミン等の神経伝達物質がどんなふうに働きかけて、健康的な伝達スピードをよみがえらせるのか、脳神経生理学的なメカニズムとプロセスを学ぶことは、抗うつ剤の効果を高める上で大きな意味があります。なぜなら、そういった知識を持てば、抗うつ剤の効能を信じやすくなるからです。効能を確信しながら服用するのと、何も知らないで言われるがままに服用するのでは、効果が大きく違ってきます。抗うつ剤がどのように脳内の活動に効くのかは、是非とも、ネットや本で学んで下さい。

薬物「依存」は恐れるべきことか?

pills hand抗うつ剤を飲み続けている人が持つ不安の一つに、抗うつ剤を飲み揉み続けていると薬物依存になるのではないか、というものがあります。そういった不安は、「依存すべきではない」といった思い込みから出ています。
「本来の健康な体質だったら、抗うつ剤の助けはいらないはずだ」
「助けに頼っていると助け無しではいられなくなる」
といった思い込みです。思い込みはそれに囚われていると抜け出せなくなってしまします。

薬を否定しない

calender私は、抗うつ剤をはじめとするうつ病の薬の使用を否定しません。頼れるものには頼ればよろしいという考え方です。寄りかかる支えが無い時、唯一の支えが薬であればそれに頼るしかないでしょう。思い込みや囚われから自由になりましょう。もちろん、薬に頼る以外にもこころの健康を取り戻す方法はたくさんあり、ここ「うつ脱!」サイトや「うつ脱!」プログラムでも数多く紹介しています。しかしだからといって、医学的薬学的に証明された抗うつ剤の効能を否定する訳ではありません。
うつ病は、心のブレーカー回路が一旦切れてしまった状態だという説明があります。この切断されたブレーカーを、まずは物理的に化学反応の力で再接続することは、有効な回復手段であることは、間違いないのです。抗うつ剤はいったん飲み始めたらその効能を信じて飲み続けましょう。

それでは、うつ病の薬はいつやめるべきか?

抗うつ剤を飲み続けている人が持つもう一つの大きな疑問に、
・いつまで飲み続けなければならないのだろう?
・いつになったら止められるのだろう?
というものがあります。

wonderingその答えは?
実は答えはあなた自身の中にあります。
一番下の「うつ病の薬:関連記事」のリンク先で、その疑問に答える考え方を紹介しましょう。

その前に、あなた自身の自覚症状から診断して、あなたの「うつ度」がどう変化しているのか、普段から定期的に、自分で把握しておくのが良いでしょう。
あなたの「うつ」の度合いがどの程度なのかを自分で診断する簡易的なテストがあります。

簡単!「うつ度」自己診断テスト

簡単!「うつ度」自己診断テスト(無料)をやってみましょう。
bulbこのテストは、米国ツング博士が1965年に発表した「自己評価うつ病尺度」というチェック法を元に、日本人が受け入れやすい形の4択方式に私が編集し直して作成したものです。元は50年近くの歴史と実績のある定番の簡易うつ度診断テストです。

therapist下の ■■■ [ 質問スタート ]■■■ボタンを押すと、各ページごとに質問が表示され、これに対する症状のレベルが4つ準備されています。2週間くらい前から今日までのあなた自身を振り返ってみて下さい。4つの答えのうちどれが一番近いでしょうか?あまり深く考えずに直感的に答えをクリックして下さい。
質問は全部で20問あります。最後までやって下さい。

診断テストが終わったら、あなたのメールアドレスと氏名を入力して下さい。
即座に、診断結果と、ショートアドバイスがあなたのメールアドレスに返送されます。

■■■ 簡単!「うつ度」自己診断テスト(無料)■■■ 
         ⇓
■■■ [ 質問スタート ]■■■ 

「うつ脱!」3ステップガイド

「うつ脱!」3ステップを21日間で身につけるメールコース(メール相談付き)
「うつ脱!」3ステップの PDF版 電子ガイドブック(メールコーチング付き)

うつ病の薬:関連記事

Copyright(c) 2014 Life Flyer All Rights Reserved.