雑念が流れ去る二つの方法

2014-08-28

penseur外からの刺激だけでなく、内から湧き起る心の雑音や雑念から自由になり、心の静けさを保つことことが、瞑想の基本的な姿勢です。
しかし実際のところ、どんなに訓練を重ねても、完全に心が空っぽの状態を何10分も続ける事は難しいでしょう。
この記事では、瞑想中に雑念が湧き起こってきたらどう対応するか、ヒントを挙げます。

…その前に、瞑想を始めるにはこの記事から:
…「心のエクササイズ:瞑想を始めよう!
…「瞑想を深める:姿勢と呼吸法

瞑想中の雑念

瞑想中、呼吸に意識を向けしながら、数を数える事に集中したり、マントラを唱えていても、ふと気づくと、別のことを考えていることに気付くことがよくあります。
空っぽにしていたつもりの心の中に、「雑念」が浮かんでいて、意識を集中していたつもりの呼吸や数を数えることやマントラを唱えることを、忘れてしまっています。

この時の雑念は、頭の中で浮かんだイメージであったり、誰か他人の言葉であったり、湧き起こってきた感情であったり、自分自身の過去の行動の記憶であったり、これからやることのシュミレーションであったり、不安や心配であったりします。
また「 ● ●をやらなければ!」などと、瞑想が終わってからやるべき事をふと思い出したりすることもあります。

雑念を無理に振り払わない

私たちは、日常生活では、頭の中に邪魔な考えや感情が湧き起こったら、それを振り払う、あるいは無理に抑えつけて隠してしまう、というやり方を、教えられ躾けられてきました。
しかしここでは、頭の中で湧き起こってきた考えや感情(雑念)が邪魔なもの、望ましくないもの、と考えるのはやめましょう。

こういった雑念が湧き起こったら、それが良いものであれ悪いものであれば、まずはそこに雑念が湧き起こったということを認めましょう。
自分の心の中で雑念を認めるための最も確実な方法は、心の中で「雑念が湧き起こっているなぁ」と自分に言い聞かせることです。

湧き起こってきた雑念を、無理に振り払ったり、無理に抑えつけてしまう必要はありません。

雑念を「棚上」げする

湧き起こってきた雑念は、それをあるがままに認め、数秒間それを眺めて、「棚上げ」にします。
それには、あらかじめ「棚上げ」するための「棚」を頭の中にイメージしておきます。
湧き起こってくる雑念が、いつも右の方からやってくるような気がするのであれば、 「棚上げするための棚」は視界の左上のほうに、いつも左の方からやってくるような気がするのであれば、視界の右上のほうに設置しておきます。
「今日の午後のクレームは明日朝1番には解決して午後にはお客さんに伝えないといけないな」という「雑念」が湧き起こってきたら、数秒間それを味わって、それから頭の中に準備した「棚」の上に「棚上げ」しておきます。

棚上げしたら呼吸に戻る

湧き起こってきた雑念を棚上げしたら、即座に呼吸に意識を戻します。
そして数を数えるか、マントラを唱えるという基本動作に戻りましょう。

雑念は、次から次に止まることなく湧き起こってくるかもしれません。
それでも、その度ごとに、それを認めて、数秒間眺めた上で、また「棚上げ」します。
瞑想中はこの繰り返しです。

大事なことを「棚上げ」してしまったらそのまま忘れてしまうのではないかと心配する人がいますが、本当に大事な事であれば 「棚上げ」した事を覚えているものです。
あるいは、 「棚上げ」したまま忘れてしまえるようなことがあれば、それはそれで忘れてしまう程度の価値しかなかったことだったのだと、理解しましょう。

雑念を川に流す

雑念を「棚上げ」するというイメージが、ピンとこない人は、雑念を川の流れに乗せて、流してしまう、といったイメージを描いてみましょう。

例えば、雑念がいつも未来の方からやってくるといったイメージを持っているようであれば、自分の視界の前に小川があって、その水が右から左へと流れているイメージを準備しておきます。
その小川の前の河原で座って瞑想しているのだとイメージしましょう。
雑念が湧き起こってきたら、それは小川の上を右から流れてくる落ち葉だとイメージします。

湧き起こってきた雑念を数秒間眺めているうちに、その落ち葉(雑念)は川の上流から下流の方へとゆっくり流れていきます。
そして視界から去っていくのです。

川に流したら呼吸に戻る

「棚上げ」の時と同様に湧き起こってきた雑念が流れ去ったら、即座に呼吸に意識を戻しましょう。
そして数を数えるか、マントラを唱えるという基本動作に戻りましょう。
雑念が起こっては川に流し、また起こっては流しを繰り返すのです。

*****

いずれにせよ、雑念は、自分が生み出した大切なものです。じっくり眺めて認めた上で、「棚上げにする」か「川に流す」かしましょう。そして瞑想の基本「呼吸に意識」を戻しましょう。

まとめ:瞑想:心の静けさ破るを雑念の扱い方

  • 雑念を無理に振り払わない
  • 雑念を棚上げする
  • 棚上げしたら呼吸に戻る
  • 雑念を川に流す
  • 川に流したら呼吸に戻る

一人でできるうつ度無料診断はこちら

簡単!うつ度無料診断テスト(ショートメールアドバイス付き)
Copyright(c) 2014 Life Flyer All Rights Reserved.