女性と違う?男性が訴える12のうつの症状

2014-10-02

depresseddrinkerうつの症状は男性よりも女性に多く、うつ病患者の比率も高いということはよく知られています。
しかし自殺する比率は女性より男性の方が圧倒的に多いのはなぜでしょうか?
男女共通のうつ病の症状として、憂うつ感や悲しさや何ごとにも興味が無くなることなどがありますが、うつ状態にある男性が真っ先に訴える症状には女性とは多少異なる傾向があります。
今回の記事は、特に男性が訴えることの多い12のうつの症状についてまとめてみました。

1) 集中できない

ネガティブな考えが次々に湧き出してきて頭の中をいっぱいにするので、何かに集中するという心の姿勢がまったく保てなくなります。
さらに深刻なのは思考が遅くなったり止まったりする。記憶したり思い出したりすることが出来なくなってしまうことでしょう。仕事にも支障が出てきます。
頭がぼぅっとして、ものごとを考える事がとても煩わしくやっかいになります。

2) 慢性的な疲労

十分に眠って目覚めても、疲労が回復した感じがしません。
いつも眠くどんよりとした感じがするので、横になって休むのですが、度を越して更に眠ると目覚めたときには更に疲れた感じがします。
或いは逆によく眠れなくて不眠症になり、頭がぼんやりとして、かったるい感じが全身を支配します。




も典型的な症状です。
圧倒的な不安が続いて行動や思考に支障をきたす「不安障害」となると、男性よりも女性の方が多いのですが、男性は、うつ病と診断されると自信を失い、そのことによって「仕事を失って家族を養えなくなるのではないか」といった将来に対する不安や恐怖を訴える傾向があります。

9) 依存・中毒

コーヒー、タバコ、アルコールなどの刺激物や、チョコレートなどの甘いものへの執着や依存が強くなります。
特に日本の男性は、酒に酔うことでうつの症状を一時的に忘れるという方法に頼りがちです。社会的にも「ストレスは酒でも飲んで忘れろ!」といった文化が、アルコールへの依存を後押ししているようです。




依存・中毒
  • 性的不能
  • 決断できない
  • 希死願望と自殺
  • 一人でできるうつ度無料診断はこちら

    簡単!うつ度無料診断テスト(ショートメールアドバイス付き)
    Copyright(c) 2014 Life Flyer All Rights Reserved.