そんな話は聞きたくない !?

2014-09-03

dontwannalisten180前の記事「誰に苦しみを打ち明ける?」の中で、心の苦しみを誰かに打ち明ければ、気持ちが楽になるという話題を挙げました。
しかし打ち明ける相手は誰でもいいという訳ではありません。
*
打ち明けた苦しみをただ聞いて理解して共感して欲しいだけなのに、聞きたくない話を返してくる人も多いでしょう。
以下のような聞きたくない話を決して返してこない人であれば理想的です。

聞きたくない話

苦しみを打ち明けた相手の反応が、励ましやアドバイスや説教や同情だったりすると、あなたの苦しみや良くなるどころかかえって深くなってしまうこともあります。

  • ● 励まし

ただ単に「がんばれ!」とか「君には期待してるんだから」とか「弱音を吐くんじゃない」とか「今は君らしくないよ。いつもの君にすぐ戻れるよ」といった一方的な励ましを聞かされるのは疲れるだけです。

  • ● アドバイス

こちらの話をすると即座に「私だったら…するよ。」と自分の意見を一方的に主張してくる人も、こちらの苦しみには共感してくれていません。
「こうすれば解決する」と解決方法を挙げてくる場合は、ありがたいとは思うかもしれませんが、あなたの望み(理解・共感してもらって苦しみを少しでも浄化したい)に沿っていません。
こちらの話をすると即座に「自分の場合は……」と自分の過去の経験や知識を語り出す人は、そもそもこちらの話をあまり聞いてくれていません。
*
いずれの場合も、共感的に理解してくれているのではなく、自分の話をしたいという欲求を満たすために、この機会を利用しているに過ぎません。
*
そのようなアドバイスをもらっても、あなた自身の気付きと決意を引き出すことはほとんどありません。
短絡的な他人の解決方法は、ほとんどの場合は、その人の思い付きであって、必ずしも自分の苦しみを解決する方法になるとは限りません。

  • ● 説教

「何を考えてるんだ!しっかりしてくれよ!給料もらってるんだろ!」とか「ここんとこはひと踏ん張りして管理職としての意地を見せなくちゃだめだ」と、半分叱るような態度で説教をされても、あなたは耳をふさぎたくなるでしょう。
*
「人間っていうのは、いつも….ってものなんだ」とか、「こんな風に考え直したら楽になるんじゃないか?」などと、他人ごとのように一般論や哲学を披露し始める場合は、ほとんどの場合、全く意味がないので、聞く価値はないでしょう。

  • ● 同情

「実は自分もそうなんだ…」と同情されるのも、逆に心細いものです。

  • ● 断れないケース

励ましやアドバイスや説教や同情を断れないケースもあるでしょう。
その場合は、気持ちだけありがたく頂いて、後は聞き流しましょう。
励ましやアドバイスや説教や同情を聞き流すことは悪いことではありません。
これらのケースでは、大抵の場合、励ましやアドバイスや説教や同情する行為自体が本人の目的であって、そうすることで本人が満足しているのです。

苦しみを打ち明けるときのヒント

  • ● 話を聞いているか確認する

あなたの心の苦しみを悩みを打ち明けれらる聴き手が見つかったら、ちゃんと話をきいてくれてるか?ときどき質問をして確認するしましょう。
例えば「先ほど○○さんに××と言われたとき、どんな気持ちになったって、私は言いましたっけ?」と聞いてみましょう。
真剣に聞いていてくれればちゃんと答えられるはずです。

  • ● 自分の苦しみを笑い話にしない

自分の身に起こっている出来事や、心の内側に起こっている気分や感情について話すときには、それを笑い話にしないように、真剣に話しましょう。
自分を卑下するのはやめましょう。
自分を自分で笑いものにしないことです。

  • ● 格好つけない

自分の姿や行動や感じ方について、格好つけたり、取り繕ったりしないで話しましょう。
どう見られるかとか、どう思われるかをいっさい気にしないで、洗いざらい、心のバケツをひっくり返すように、全部吐き出すのです。
相手に自分をこう見せたいと思っている自分に気付いて、ありのままの姿を見せる様にしましょう。
こうあるべきとかこうすべきという理想や目標の姿を忘れて、ありのままの自分の姿でいましょう。

  • ● 正直に感情を出す

泣きたくなったら涙を流しましょう。
できるだけ正直な気持ち、そのままの感情を吐き出すようにしましょう。

親しい数人と、親密に付き合う

普段からオープンに話せる人をみつけておきましょう。
心の支えになる人がいるというだけで安心感があります。
心の支えになる人にできるだけ頻繁に会うようにしましょう。
*
幸福感や心のレジリエンス(耐性)は、友達の数には比例しません。
悩みや苦しみを打ち明けられ、気持ちを共有できる、親しい人が 2~3人いれば、100%幸せな人生が送れます。

相談電話・機関

どうしても自分の周りに心の苦しみを打ち明けられる人がいないのであれば、学校や会社のカウンセラーあるいは全く関係のない諸機関のカウンセラーに電話をして相談をしてみましょう。
以下がその例です

  • ● 0120-279-338 よりそいホットライン (24時間通話無料)(一般社団法人)
  • ● 03-3264-4343 東京いのちの電話 (社会福祉法人)

東京以外にも全国数十カ所の電話番号が公開されています。

  • ● 勤労者心の電話相談 (全国の労災病院)
  • ● こころの電話相談 (全国の各県や市)

まとめ:そんな話は聞きたくない !?

  • 聞きたくない話=励まし、アドバイス、説教、同情
  • 励まし、アドバイス、説教、同情は聞き流そう
  • 打ち明けるときのヒント:

①聞いているか確認する
②笑い話にしない
③格好つけない
④正直に感情を出す

  • 親しい数人だけと親密に付き合う
  • 電話相談所や機関のカウンセラーに相談する

一人でできるうつ度無料診断はこちら

簡単!うつ度無料診断テスト(ショートメールアドバイス付き)
Copyright(c) 2014 Life Flyer All Rights Reserved.