うつ病?どこの病院のどの診療科へ行くべき?

2014-12-18
  • 気分がとても暗く落ち込んでしまって悲観的な気持ちになり、何に対しても全くやる気が出なくなってしまって、もう何週間にもなる。
  • いつも不安な気持ちやイライラした落ち着かない気持ちを抱え込んでしまって、胸の中が苦しいままの精神状態がすいぶん長いこと続いている。

そんな辛い症状で、これはうつ病かなと思ったら、病院で診察を受ける前に、まずは簡単な診断テストしてみましょう。下記のリンクから試してみてください。
次のステップ(赤)簡単!うつ度無料診断テスト(ショートメールアドバイス付き)

「うつ」の度合がかなり高いようだったら、まずは誰か親しい人に打ち明けてみましょう。
打ち明けた相手がすぐに心理的な悩みを解決してくれるわけではありませんが、打ち明けることで気持ちがスッキリすることも多いものです。自分の心の内面を「開示」することは「自己浄化(カタルシス) 」という心理的な効果が期待できます。

ハート聴診器とはいっても身近に悩み打ち上げられるような親しい人がいないという人も多いでしょう。
また、親しい人に打ち明けただけでは、心の苦しみが晴れない場合も多いでしょう。
中には死んでしまいたいほど心の苦しみが辛いというケースもあります。

うつ病かも知れない、そんな場合は、病院での診察や相談機関でのカウンセリングを受けてみるなど、ひとりで抱え込まないようにしましょう。

今回の記事ではうつ病を診察してくれる病院や診療科を選ぶ際の知識とポイントを整理してみます。




項目自宅から通いやすい病院

うつ病?どの病院へ?

うつ病の症状は気分のアップダウンを伴います。ダウンしているときには遠くに出かけるのはとても億劫になります。できるだけ自宅から通いやすい病院を選ぶようにしましょう。距離だけでなく、行って気分の良い場所にある病院が良いでしょう。
会社の近くの病院は、できれば避けましょう。病院に行く「療養」モードと会社に行く「通勤」モードは、できるだけ切り離したほうがよいでしょう。

項目何科で診断してもらうか?

うつ病?どの病院へ?

心の苦しみ・辛さを診察してもらえるのはどの診療科でしょうか?
世の中には精神的な症状や、神経的な症状を診てくれる色々な診療科があり、混乱してしまいがちです。
精神的な症状、神経的な症状あるいは脳医学的な症状を診断して治療する診療科には次のようなものがあります。
うつ病を診る診断科450

項目精神科・神経科

うつ病?どの病院へ?

うつ病を診察し診断して治療する診療科は、本来は①精神科と②神経科になります。数十年前は、精神的・神経的な不調や不全を扱う診察科は、精神科と神経科だけでした。
①精神科と②神経科では、現在ではどちらでも精神的な症状も神経的な症状も診てもらえます。両者に実質的な差はほとんどありません。
③精神神経科と④神経精神科は、①と②を名前の上でつなげただけで、結局① ②とほとんど同じです。

項目診てもらえる診療科と診てもらえない診療科

うつ病?どの病院へ?

最近では、精神科や神経科の他に、色々な名前で呼ばれている診療科が増えてきました。
結局、心の苦しみ・辛さが、精神的・神経的に病的な症状を示してるかどうか、それがうつ病の症状なのか、あるいは別の病気なのか。それを診断できるのは①の精神科から⑦の心療内科になります。

  • ⑧神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の神経性の病気をみる内科のことです。
  • ⑨脳神経外科(脳外科)は、脳に疾患(外傷や腫瘍や血管障害)を手術など外的な治療で治す外科です。

したがって⑧神経内科と⑨脳神経外科(脳外科)では、うつ病のような心の苦しみ辛さを診察したり治療したりすることはできません。




項目心療内科

うつ病?どの病院へ?

パソコン疲れここでちょっと注意しておきたいのは⑦の心療内科です。
心療内科は、本来は、ストレスが原因で起こる体の不調、「心身症」を診察し治療する診療科です。
しかし現状は、体の不調が出ていなくても、心の苦しみ・辛さや金の変調だけを訴える「うつ病」の患者も診察し治療しています。現代社会で危機的に増えているストレス起因の「うつ病」の患者に対応しているのです。

また「精神科」 「神経科」と言う名前に対する心理的な抵抗があります。精神科や神経科に通っているというと親や会社の人が心配する、あるいは眉をひそめるといった社会的な偏見もまだ残っています。
それを気遣って、精神科・神経科の診察・治療が中心であるにもかかわらず「心療内科」を謳っている医院も多いようです。
ただし「内科・心療内科」という看板を掲げて同じ医師が両方を見ている場合、ほとんどのケースでは《専門は基本的には内科であって、ストレス起因の身体の不調「心身症」も診ることができます》と考えた方が良いでしょう。先生は内科出身のケースがほとんどのようです。

項目メンタルヘルス科・メンタルクリニック

うつ病?どの病院へ?

⑤メンタルヘルス科という診療科を設ける病院や⑥メンタルクリニックといった比較的小さな町の病院もたくさん見られます。この場合もほとんどのケースでは、神経科、精神科の患者を中心に扱っています。⑦心療内科と同じように、「精神科」 「神経科」という名前に対する心理的な抵抗や社会的な偏見を避けるために、新しい名前として「メンタル」というカタカナを使っていると考えられます。いずれにせよ、その患者の多くは「うつ病」であったり「うつ」っぽい症状を示している人を対象にしていることは間違いありません。
区切り(灰丸)区切り(灰丸)区切り(灰丸)区切り(灰丸)区切り(灰丸)区切り(灰丸)区切り(灰丸)区切り(灰丸)

項目まとめ:うつ病を診てもらう病院

  • 通いやすい病院へ
  • 精神科・神経科
  • 診療内科
  • メンタルヘルス科・メンタルクリニック
  • 神経内科や脳神経外科では診てもらえない

一人でできるうつ度無料診断はこちら

簡単!うつ度無料診断テスト(ショートメールアドバイス付き)

うつ脱!最新情報

Copyright(c) 2014 Life Flyer All Rights Reserved.